もはや大会動画アップ専門サイトとなりました。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
新技検証結果(12/4修正)
2007-12-04 Tue 03:12
なんとなくだけど、新技のフレーム調べ終わって使いどころを把握。
スピニングバールは使いどころがわからんすw

最初は使えねーと思っていたスカイボルトですが実は強いんじゃないかと思い始めました。
ローハイガードさせてジャブ以外では割れない。
てことは発生18~19位?
しゃがパンはジャンステのため勝てる。
左右横移動に滅法強い(ホーミング技?)。
※ツーフラガードくらいの微有利の状況でも横歩きされません。
リーチがあるのでバックダッシュにも余裕で対応。これが右構えにもあったら・・・。

ジャブ暴れを意識させるとコンバートミドルやフラライトサイドが生きますね。
多分コンバートミドルの発生が16Fなので、8Fパンチャーが居ない今回は全員CHです。
今日検証したら17Fでした、誤情報すいません・・・。
(12/4 追記)

コンバートミドルはCHで尻餅誘発なので回復しないとRプラズマ確定。

コレでスカイボルトが確反なし技だったら相当強かったですね。
実際は-10Fなんですけど。
スポンサーサイト
別窓 | ファラン | コメント:0 | トラックバック:1
6のファラン自分用まとめ コンボ編(12/4修正)
2007-12-04 Tue 02:59
バウンドの補正が大きい気がします。
壁コンボ行くならバウンド入れないほうがいいのかな?

相手の体力みてレイジ調整とかもあるし、
掘り起こしがバウンドの恩恵を受けているので回転踵締めの叩きつけもありかも。
今回掘り起こし削除っぽいですね。カットローが起き上がりしゃがみガードされます。

■基本ルール
バウンド誘発技ヒット後にバウンド誘発技を当てると叩きつけになります。
1コンボバウンド一回まで。

■ファランのバウンド誘発技
Hヒール、チェンソ三発目、バングフィスト

■バウンド(Hヒール)までのレシピ
○右アッパーor遅ライトー>ツーLフラ>レフトキックフラ>フラジャブ>ツーRフラ>フラジャブ>Hヒール
基本。Lプラからでもいけます。
距離を見て無理そうならレフトキックを省きましょう。

○Lプラ>エアファング>ツーRフラ>フラジャブ>Hヒール
○Lプラ>右掛け蹴り>フラチェン>フラジャブ>ツーRフラ>フラジャブ>Hヒール
Lプラからのバウンド。
エアファング始動のコンボは距離が離れやすいのでバウンド後のローリングライトによる追撃が困難な場合があります。

○青ライ>構えチェンジローリングライトフラ>フラチェン>フラジャブ>ワンツーRフラ>フラジャブ>Hヒール
青ライからのバウンド。
ノーマルライジング始動でも今までコレくらいなら入ったはずなのですが、入りにくい感じを受けました。

○左右フラスイープ>ヴォルカ>ツーLフラ>フラジャブ>ツーRフラ>フラジャブ>Hヒール
フラスイープから入るのを確認。フラRヒールからは入らず。
(12/3修正)

○フラライトヒールorブラッティーギロティン>カットローフラ>フラジャブ>Hヒール
○フラライトヒールorブラッティーギロティン>スマローハイ>フラジャブ>Hヒール
○フラライトヒールorブラッティーギロティン>左アッパー>ツーRフラ>フラジャブ>Hヒール
ライトヒールやギロティンからはこの程度しか入りません。
特にライトヒールはヴォルカが入らなくなったのが痛い。

2番目のコンボは割と安定感があります。
フラジャブが届かない場合があるのでド安定とはいえませんが・・・。

3番目のコンボは距離限定です。
ギロティンは9WKのほうなら安定で入りますが、
フラライトヒールはちょっとだけステップインしないと入らない距離がありますね。
ツーLフラフラジャブ刻めますが距離が遠くなってしまいバウンド後の追撃がキツイです。
(12/4修正)

○下段捌き>左アッパー>ツーLフラ>フラジャブ>ツーフラ>フラジャブ>Hヒール
左アッパー後は一瞬間をおいてジャブを打たないと当たらないことがあるみたいです。
安定するなら捌き>ワンツーフラ行きましょう。捌き後は上段も当たります。
(12/3追加)

■バウンドからの追撃
○構えチェンジローリングライト
フラミンゴ移行してフラ4RKを入れてもいいけどどっちのほうがダメージ高いんだろ?
フラ4RKは運び能力高いので壁ステージでは積極的に狙ったほうが良いです。
壁ヒット後は距離見て壁コン、遠かったら回転踵やバズーカで追撃。

○回転踵
ド安定。

刻んでからバウンドだと離れるので単発で重い技を入れるのが基本になりそうです。

■壁関連
今回は壁やられ中でも4発以上の技が入るみたいですね。

○ダブルジャブローハイ、ライトキックコンボロー
が入ります。ダブルジャブローハイが意外と減ります。
その後の展開は良くないですが・・・。
もちろんDRで入ったライトキック三発右構えも入ります。ただ、減りがDR程減らなくなっていますね。
バウンドローリングライト>フラ4RKの運びが大きいので壁コンボのお世話になる機会が多いです。

○壁際右アッパーorLプラ>右半月>RK始動チェンソ(バウンド)>ローリングライト>Lプラ
壁ヒット後にバウンド誘発技を当ててもバウンドしますね。
ローリングライト後はチェンソでもいいのですが、不安定のためLプラで安定。
(12/3修正)

○壁際右アッパー>右半月>セットアップ>フラジャブ>Lプラ
Lプラ始動じゃなくても入るようになりました。
(12/3追加)

今までのライトPK締めでも運べます。
レフトキックフラを当てる高さが適当でもいけるようになったくさいので楽です。
バウンド補正次第ではまだまだ使えるコンボになりそう。
というか、現状では今までDRで運びコンボとして使っていたライトPK締めをHヒールにしてるだけですね。
別窓 | ファラン | コメント:0 | トラックバック:1
6のファラン自分用まとめ 新技編(12/4修正)
2007-11-29 Thu 02:28
とりあえず、ゲームスピード上がってません?
確反の精度がさらに落ちてた・・・。

●新技
2LKLK
スマローから足ビンタ。スマローCHで連続っぽい。技後はLフラへ。
ローハイしゃがめる人にはあまり関係ない。
スマローヒットでしゃがめるかは不明。要検証。

6☆23LK
発生早く相手をふっとばし、リーチの長い中段という優秀な技。
後は横への強さがどれくらいあるかで変わりますね。
エアファングの間合いと同じくらいで使ってみると良いかも。
ステバーストが出せなく?なったですが、仕方ないでしょう。
※ステ追い突きと同じコマンドで出せるみたいです。
※横に弱いです

3LKLK
サイドキック派生が変わりました。
今までブラスターだったものが中段中段のふっとばし技に。
受身取らないと回転踵確定です。壁強技かも。
ステップインで相手の状況見て受身とってたら起き攻めで。
硬直が大きいので確反ありそう。

3LKRK
今までサイドキックコンボだったものがサイドキックから右掛け蹴りが出ます。
技後はRフラ。
ガードさせて有利っぽいので壁際で中段を意識させて有利を取る。
って感じの技になりそうです。
もう一回RKで中段蹴り出るみたいっす。

3LK6RK
中段上段の連携。
まわし蹴りを打ちます。横に強そう。
ガードさせた後の状況はローリングライトと同じで相手側面向かせです。
技後は左構えです。

※3LK派生はLフラからのLK・レフトキックコンボからでも出せます。

右構え中に4RK
スピンキック削除で追加された技。
Rプラからのコンボに使えそう。
上段で-10なので立ち回りで使う場面はないでしょう。
一応セットアップと逆方向に強そうです。

LF中に6LKLK
足ビンタからの浮かせ。
上段だけどビンタCHで連続っぽい。
RFからも同様に出せます。

LF中に4LK
アクセル削除で追加された技。
ジャンステのふっとばす飛び蹴りを放つ。
リーチは結構なものですが、思い切りめり込んで-10F確定です。
平八のパチキは入らなかったので12は無いと思います。
横への強さにもよるかなー。
RFからは4RKで同様の技が出せます。

LF中に4RK
ランス削除で追加された技。
右掛け蹴りからの中段蹴りみたいなモーションの技が出ます。
リーチが長く、CHで尻餅誘発っぽいです。
ガードされた後の距離は近いですが確反はもらわないので4LKよりは使えそう。
リーチもファイスト初段よりは長いです。

ファランの右方向(相手の左横移動)に強く、逆ローハイからの鉄板連携になりそう。
逆ローハイのフレームがスマローハイと同じ前提ですが、二発目ガード後に相手のジャブ暴れと相打ちなので、それ以上の技で暴れた場合はCHします。
CHで尻餅誘発。尻餅回復しないとRプラ刺さります。
青ライもいけそうですね。(今回青ライ右構えでも出せるとのことなので)
(12/4修正)

LF中に1LK
しゃがステつきの下段蹴り。シットスピンみたいな感じ。
フラスイープより発生は早そう。
ノーマルは不利っぽいです。CHの状況は不明。
ローハイを1入力で出していた人は注意。
RF中1RKで同様の技がでます。
※確反で馮の穿弓腿くらいました。リスクリターンがあってねー・・・。
(12/3修正)

右構え背向け中に2LK
一八の地背脚みたいな技です。
CHでダウン奪うので追撃可。確反で浮かされないみたいです。
寝っぱなしに当たるので壁コンボ後の背向け起き攻めにつかえそう。
(12/3追加)

RF中に2RKLK
逆ローハイ。
2発目ガードさせて有利っぽいのでレフトヒールやレフトキックをちらつかせて攻め継続。

新技多いですね。
フラからの地味な下段や逆ローハイは個人的にはうれしい追加。
後はリーチの長いスカイボルト系の詳細な性能が知りたいですね。
別窓 | ファラン | コメント:0 | トラックバック:1
参考資料その2
2006-12-12 Tue 11:25
各種ジャンステ発生まとめ
12/12訂正

エスケープ 5F~
ギロティン 8F~ 
生ジャンプ 8F~
※地球パンチ、ジャンプLP含
スコーピオンサイド 9F~
ハンティングホーク 8F~
エアレイド 10F~
エアファング 16or17F~

しゃがLPのしゃがステ発生 7F~

ギロティン優秀ですね。
フラヒ程じゃないですけど、もっと狙っていいのかな・・・。
あと、エアファングはボタンの関係から16か17か悩みました。
確定でスカせるのは17F~ですね。
-5Fの状況で相手に生ロー出してもらってエアファングを出すと確定で当たるので。
別窓 | ファラン | コメント:8 | トラックバック:0
| 君もテコンドーを始めてみないか? |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。